男女

専門業者へ依頼し適切なエアコン取り外しを

危ないと感じたら業者へ

女性

エアコンの取り外しを行なう際には、ポンプダウン作業というものをはじめに行ないます。ポンプダウン作業とは、配管にたまっているガスを室外機に集める作業です。この作業を行なうことで、配管からガスが漏れてしまうことを防ぎます。エアコン専門業者が作業をする際には必ず行なうものですが、専門性が高いため個人で作業を行なう方の一部はこの作業を省略してしまうこともあるようです。しかしそれは危険なことなので、確実に行なった方が良いのです。ポンプダウン作業が終了すると、室内機の取り外しにかかります。室内機の取り外しの際には配線を外すことが求められます。スパナなどを用いて、慎重に外していきます。これらの配線は、設置の際に複数の線が一つにまとめられていることが多いです。配線を外したら室内機そのものを取り外します。この際には、足場の固定が特に求められます。室内機は重量があります。しっかりした足場にしなければ、重大な事故に繋がるおそれがあるのです。室内機の取り外しが完了したら、室外機を取り外します。エアコンの室外機は普段目にすることが少ないため忘れがちになるかも知れませんが、やはり作業を行なう必要があるのです。室外機も室内機と同様に重いため、より慎重に作業を行なうことが求められます。

エアコンの取り外しには多くの危険が伴います。また、ポンプダウン作業をはじめとした専門的な部分が多く含まれてきます。取り外しの手順を誤ると、事故にも繋がってしまうため専門業者への依頼も視野に入れることが望まれます。